雲南市の健康づくりの取り組み

IMG_2550縮小.jpg

 研究所うんなんは現在(令和4年4月13日時点)、雲南市役所健康福祉部に属し、雲南市のさまざまな健康づくりの取り組みに沿って活動しています。

雲南市の健康づくりの取り組み沿革

※研究所うんなんとの関りが深いもののみ掲載

2005年(平成17年) 
「第1次雲南市総合保健福祉計画」策定
2006年(平成18年)
「第1次雲南市健康増進実施計画」策定
2006年(平成18年)4月1日 
身体教育医学研究所うんなん開所(社会福祉法人よしだ福祉会へ運営委託)
2010年(平成22年) 
​「第2次雲南市総合保健福祉計画」策定
2011年(平成23年) 
「第2次雲南市健康増進実施計画」策定
2014年(平成26年)8月
2015年(平成27年)

「第3次雲南市総合保健福祉計画」策定

2015年(平成27年)

「第3次雲南市健康増進実施計画」策定

2015年(平成27年)4月
身体教育医学研究所うんなんがよしだ福祉会運営委託から市直営方式に変更(かもてらすへ事務所移転)
2015年(平成27年)
雲南市健康づくり推進協議会の中に3つの専門部会「すくすく部会」「きらきら部会」「はつらつ部会」設立
2015年(平成27年)12月
2020年(令和2年)
「第4次雲南市総合保健福祉計画」策定
2020年(令和2年)3月

○健康づくり推進協議会(事務局:健康づくり政策課)

 

 健康づくりに関係する団体等関係機関や、地域での健康づくりを推進する地域自主組織等と共に、市民の健康づくりを推進する施策の提言・実施など、官民が一体となった事業を展開する組織です。平成27年度からは、健康づくり推進協議会の中に、

・妊娠期から思春期の健康づくりを検討する「すくすく部会」

・青壮年期の健康づくりを検討する「きらきら部会」

・高齢期の健康づくりを検討する「はつらつ部会」

 

という3つの専門部会が設置されました。

 

○うんなん健康都市宣言

 雲南市誕生から10周年を迎え、市民をあげて健康づくりに取り組む機運を高めるための道しるべとして、うんなん健康都市宣言文を策定しました。雲南市の幸や恵みを資源とし、すべての市民が健康を維持・増進し、活力ある雲南市を創造するための方策を親しみやすい言葉で表現しています。
 策定にあたっては、島根大学理事・副学長の塩飽邦憲(しわくくにのり)さんを委員長とする10名の委員の皆さんにご検討いただき、平成26年9月議会で議決され、平成26年11月1日、雲南市市制(合併)10周年記念式典にて「うんなん健康都市宣言」を行いました。
 宣言文は、各項目の頭文字を「まめなかね」とし、栄養、運動、心の健康など健康に必要な要素や、生涯学習、地産地消など地域づくりの観点を盛り込んでいます。

 

【うんなん健康都市宣言文】

 雲南市は、美しい農山村の風景や多彩な歴史遺産、新鮮で安全な食と農といった幸や恵みに溢れ、私たちは古来より感謝とともに、生活に活かして暮らしてきました。そして、今後も恵まれた環境や文化を次世代に継承し、健康で心豊かに暮らし続けることが今求められています。
 健康は、私たちが夢や希望、目標などをもち、充実した人生を送る上で極めて重要であり、生涯健康でいきいきと暮らしていくことは、雲南市民誰もの願いです。
 その願いを叶えるため、健やかな生活習慣を基に、家庭・地域でお互いに学び合い、支え合い、信頼できる絆を深め合いながら、健康づくりをすすめることを誓い、「うんなん健康都市」を宣言します。

なびます 生涯続ける 健康づくり
ざします 旬を味わう 地産地消
くします 一人でくよくよ 悩むこと
なえます 無理せずできる 運動習慣
がいます 地域で育む 健康長寿

(雲南市役所ホームページより抜粋。詳しくは雲南市役所ホームページ「うんなん健康都市宣言」をご覧ください。)

○雲南市健康づくり拠点整備基本計画

 雲南市では、老朽化していた「加茂B&G海洋センター」のプールの温水化を図り、子どもから高齢者、障がい者誰もが世代・体力・志向に応じて、体力づくり、健康づくり等に取り組める健康づくり拠点施設として整備をすすめることとし、平成27年12月に「雲南市健康づくり拠点整備基本計画」を策定しました。
 

(雲南市役所ホームページより抜粋。詳しくは雲南市役所ホームページ「雲南市健康づくり拠点整備基本計画」をご覧ください。)

​(リニューアルオープンした健康づくり拠点施設「加茂B&G海洋センター ラソンテ」について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

○第4次雲南市健康増進実施計画

 令和2年3月、「第4次雲南市健康増進実施計画」を策定しました。

 本計画は、国の「健康日本21」「健やか親子21」「健康寿命延伸プラン」を踏まえ、雲南市の健康増進施策を実施していくために必要な施策を明らかにするものです。
 また、「雲南市総合計画」「雲南市総合保健福祉計画」の上位計画や、「第3次雲南市食育計画」などの各分野の計画などとも整合性を図り、連携しながら「めざせ健康長寿日本一!健康都市うんなん」を基本理念に、地域全体で健康を育む環境づくりを展開し、健康都市うんなんの実現をめざします。

(雲南市役所ホームページより抜粋。雲南市役所ホームページ「第4次雲南市健康増進実施計画」ページにて計画書のダウンロードができます。)

 

​雲南市が進める体操

○まめなかね体操(健康福祉部 身体教育医学研究所うんなん作成)

 この体操は体力の維持・向上に効果的な運動(ストレッチングと筋力トレーニング)を取り入れた健康づくり体操です。体調に合わせて無理なく行ってみましょう。まめなかね体操の資料はこちら(資料「体操・ストレッチ」ページ)からダウンロードできます。

うんなん幸雲体操(健康福祉部 保健医療介護連携室作成)

 おもりを使った筋力運動の体操です。10段階(220g~2.3kg)に調整可能なおもりを手首や足首に巻き付け、椅子に座って歌を歌いながら、およそ1時間かけて手足を動かします。

(雲南市役所ホームページより抜粋。詳しくは雲南市役所ホームページ「うんなん幸雲体操」をご覧ください。)

市章2_2.png

身体教育医学研究所うんなん

Physical  Education  and  Medicine  Research  Center  UNNAN