研究成果(プレスリリース)-コロナ禍で幼児の運動能力が低下-

 島根大学地域包括ケア教育研究センターの安部孝文助教、身体教育医学研究所うんなんの北湯口主任研究員らの研究チームは、雲南市の幼児を対象とする運動能力調査のデータ分析により、コロナ禍の運動能力がコロナ前より低下していることを明らかにしました。

 

 これまで小学生以上のコロナ禍の体力低下の現状は国内外で報告されていますが、幼児の現状は十分わかっていませんでした。今回の研究では、2019年10-11月(コロナ前)と2020年10-11月(コロナ禍)に実施された運動能力調査の608人のデータ分析を行い、以下の結果を明らかにしました。

・全ての学年(年少、年中、年長児)のソフトボール投げの記録が低下

・年長児の25m走の記録が低下

 

 全学年で低下したソフトボール投げについては、コロナ禍で全身を使ったダイナミックな運動を行う機会が大きく減少し、腕を含む全身の巧みな動作を遂行する能力(巧緻性)が低下したことが影響したと考えています。

 

 この研究成果は、幼児期の子どもの発育発達の観点から、運動や遊びの機会確保を適切に講じていく必要性を示すための基礎資料となり、体力低下の予防を目的とした政策立案に貢献するエビデンスとなることが期待されます。

 

 なお、雲南市(子ども政策局・身体教育医学研究所うんなん)では、これらの分析結果を幼児の保護者にフィードバックするとともに、各保育施設と連携しながらコロナ禍を踏まえた運動や遊びの機会確保の対策や具体的な取り組みを講じています。

結果返却裏面チラシ.jpg

保護者フィードバック資料

 本研究は、日本衛生学会の学術英文誌『Environmental Health and Preventive Medicine』に掲載されています(2022年4月30日受理、6月18日付けで、オンライン上で無料公開済み)。

関連リンク:島根大学地域包括ケア教育研究センター

https://www.cohre.shimane-u.ac.jp/docs/2022052000010/

2022年07月12日

市章2_2.png

身体教育医学研究所うんなん

Physical  Education  and  Medicine  Research  Center  UNNAN