地域の歩行イベント「みとや元気ウォーク」今年度も始まりました!

 雲南市三刀屋町三刀屋地区の住民で結成された「運動ひろめ隊」と研究所うんなんが協働で取り組んでいるイベント「みとや元気ウォーク」を、4月19日に三刀屋町内で行いました。

 

 平成26年に始まった「みとや元気ウォーク」は、参加者との会話を楽しみながらお散歩感覚で気軽に参加できる歩行イベントです。地域住民の健康増進はもとより、閉じこもり予防や生きがいづくり、人目につきやすい商店街を歩くことによる地域の活性化などを目的とし、からだを動かすことに加えて、地域の交流の場にもなっています。

 短い距離をゆっくり歩き、好きな場所から気軽に参加できるので、杖や押し車が必要な高齢者の方もたくさん参加して下さいます。

 

 冬季の間お休みをしていましたが、4月から再開し、この日は21名の方の参加がありました。

 当日は天気も良く、春の風を感じながらの楽しいウォーキングとなりました。研究所からは4月に異動してきた保健師が初めて参加しました。地域の皆さんと一緒にからだを動かし、様々なお話を聞くことができ、とても充実した時間だったようです。

 

 今後もこうした地域の健康づくり活動が継続できるように、そしてイベントが安全で効果的なものになるように、しっかり支援していきたいと思います。

 「みとや元気ウォーク」の現時点で決定している開催日は5月17日(火)、6月14日(火)です(7月以降は未定)。参加希望の方は研究所うんなんまでお気軽にお問い合わせください。(新型コロナウイルス感染症の状況や天候などによってスケジュールは変更になる場合があります。)

IMG_4165.JPG

2022年05月19

市章2_2.png

身体教育医学研究所うんなん

Physical  Education  and  Medicine  Research  Center  UNNAN