第9回杉浦地域医療振興助成授与式・第8回報告会の参加

 このたび、五味達之祐研究員の活動事業計画が公益財団法人杉浦記念財団の第9回杉浦地域医療振興助成(活動分野)に採択されたことをうけ、授与式・報告会に出席しました。

 授与式・報告会は11月19日(木)に帝国ホテル東京の会場で開催され、第9回の授与対象者と第8回の授与対象者、スタッフ、参加者含め80名程で、感染症対策を十分にしながら行われました。

 

 杉浦地域医療振興助成とは、日本全土で課題となる地域医療や介護予防の推進を目的にした研究・活動助成事業です。

 研究所うんなんでは、高齢者の低栄養対策を効果的かつ精度高く推進するための手助けとなるツールの作成が必要と考え、「高齢者の栄養不足ハザードマップと食環境チェックリストの作成」という事業内容で応募し、助成金の授与を受けました。現在、市の保健師、管理栄養士、歯科衛生士、健康運動指導士と連携してこの事業を進めています。

 

 授与式では前年度の受賞者の報告も聞くことができ、全国で実施されている先進的かつ革新的な保健活動・研究の報告から雲南での保健活動へのヒントを得ることができました。

 このような助成事業を受けることができ光栄であり、地域社会に貢献する事業としてより一層取り組んでいきます。

2020年12月03