研究プロジェクト

体力測定

体力測定(ソフトボール投げ)のイメージ写真

長座体前屈

体力測定(長座体前屈)のイメージ写真

こども

日本体力医学会プロジェクト研究(H27-29年度)「日本の子どもにおける日常の身体活動の実態およびその変動要因の国際比較に向けた評価法の確立」研究代表者:田中千晶(桜美林大学)

 

ウォーキング普及イベント1

地域住民との協働によるウォーキング普及イベントの様子

ウォーキング普及イベント2

地域住民との協働によるウォーキング普及イベント

高齢者

文部科学省科学研究助成(H25-H27年度)「身体活動推進のためのポピュレーション・アプローチ:地域無作為化試験」研究代表者:井上茂(東京医科大学)

 

研究実績(平成18年4月~)

発表論文

総説

  1. Kamioka H, Tsutani K, Yamada M, Park H, Okuizumi H, Honda T, Okada S, Park SJ, Kitayuguchi J, Abe T, Handa S, Mutoh Y. Effectiveness of horticultural therapy: A systematic review of randomized controlled trials. Complement Ther Med 2014; 22: 930-43.
  2. Kamioka H, Tsutani K, Maeda M, Hayasaka S, Okuizum H, Goto Y, Okada S, Kitayuguchi J, Abe T. Assessing the quality of study reports on spa therapy based on randomized controlled trials by the spa therapy checklist (SPAC). Complement Ther Clin Pract 2014; 20: 317-33.
  3. Kamioka H, Tsutani K, Yamada M, Park H, Okuizumi H, Tsuruoka K, Honda T, Okada S, Park SJ, Kitayuguchi J, Abe T, Handa S, Oshio T, Mutoh Y. Effectiveness of music therapy: a summary of systematic reviews based on randomized controlled trials of music interventions. Patient Prefer Adherence 2014; 8: 727-54.
  4. Kamioka H, Okada S, Tsutani K, Park H, Okuizumi H, Handa S, Oshio T, Park SJ, Kitayuguchi J, Abe T, Honda T, Mutoh Y. Effectiveness of animal-assisted therapy: A systematic review of randomized controlled trials. Complement Ther Med 2014; 22: 371-90.
  5. Kamioka H, Tsutani K, Yamada M, Park H, Okuizumi H, Honda T, Okada S, Park SJ, Kitayuguchi J, Handa S, Mutoh Y. Effectiveness of rehabilitation based on recreational activities: A systematic review. World J Meta-Anal 1(1): 27-46, 2013
  6. Kamioka H, Tsutani K, Mutoh Y, Honda T, Shiozawa N, Okada S, Park SJ, Kitayuguchi J, Kamada M, Okuizumi H, Handa S. A systematic review of randomized controlled trials on curative and health enhancement effects of forest therapy, Psychol Res Behav Manag, 5:85-95, 2012.
  7. Kamioka H, Tsutani K, Okuizum H, Mutoh Y, Ohta M, Handa S, Okada S, Kitayuguchi J, Kamada M, Shiozawa N, Park SJ, Honda T, Moriyama S. A Systematic review of non-randomized controlled trials on curative effects of aquatic exercise. Int J Gen Med, 4: 239–260, 2011.
  8. 上岡洋晴, 栗田和弥, 鈴木英悟, 渡邉真也, 北湯口純, 鎌田真光, 本多卓也, 森山翔子, 武藤芳照. 温泉の効果に関するエビデンスの整理と健康づくりを中心としたレジャーへの応用. 身体教育医学研究. 11: 1-11, 2010.
  9. 上岡洋晴, 塩澤信良, 奥泉宏康, 岡田真平, 半田秀一, 北湯口純, 鎌田真光. 温泉による運動器疾患の予防効果に関するコホート研究のシステマティック・レビュー. 日本温泉気候物理医学会雑誌, 73 (2): 85-91, 2010.
    (A systematic review of cohort studies of the preventive effects of balneotherapy for locomotorium diseases) [in Japanese]
  10. Kamioka H, Tsutani K, Okuizumi H, Mutoh Y, Ohta M, Handa S, Okada S, Kitayuguchi J, Kamada M, Shiozawa N, Honda T. Effectiveness of cure and health enhancement by aquatic exercise and balneotherapy: Summary of systematic reviews of randomized controlled trials related to water immersion. J Epidemiology, 20(1): 2-12, 2010. (IF:1.643, 2009)
  11. Kamioka H, Tsutani K, Okuizumi H, Mutoh Y, Ohta M, Handa S, Okada S, Kitayuguchi J, Kamada M, Shiozawa N, Honda T. Effectiveness of aquatic exercise and balneotherapy: a summary of systematic reviews based on randomized controlled trials of water immersion therapies, J Epidemiol, 20(1):2-12, 2010.
  12. 上岡洋晴, 津谷喜一郎, 奥泉宏康, 岡田真平, 半田秀一, 北湯口純, 鎌田真光. 温泉による運動器疼痛の治療効果に関する非ランダム化比較試験のシステマティック・レビュー. 日本温泉気候物理医学会雑誌, 72 (3): 179-192, 2009.

原著

  1. 北湯口純, 鎌田真光, 井上茂, 上岡洋晴, 安部孝文, 岡田真平, 武藤芳照. 地域在住高齢者の身体活動および座位行動と転倒発生との関連:1年間の前向きコホート研究. 運動疫学研究 18(1):1-14, 2016.
  2. Kamada M, Abe T, Kitayuguchi J, Imamura F, Lee IM, Kadowaki M, Sawada SS, Miyachi M, Matsui Y, Uchio Y. Dose-response relationship between sports activity and musculoskeletal pain in adolescents. Pain 157(6):1339-45, 2016.
  3. Kitayuguchi J, Kamada M, Hamano T, Nabika T, Shiwaku K, Kamioka H, Okada S, Mutoh Y. Association between knee pain and gait speed decline in rural Japanese community-dwelling older adults: 1-year prospective cohort study. Geriatr Gerontol Int 16:55-64, 2016.
  4. Kamada M, Kitayuguchi J, Abe T, Taguri M, Inoue S, Ishikawa Y, Harada K, Lee IM, Bauman A, Miyachi M. Community-wide promotion of physical activity in middle-aged and older Japanese: a 3-year evaluation of a cluster randomized trial. Int J Behav Nutr Phys Act 12:82, 2015.
  5. Kitayuguchi J, Kamada M, Okada S, Kamioka H, Mutoh Y. Association between musculoskeletal pain and trips or falls in rural Japanese community-dwelling older adults: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int 15: 54-64, 2015.
  6. Kamada M, Kitayuguchi J, Lee IM, Hamano T, Imamura F, Inoue S, Miyachi M, Shiwaku K. Relationship between physical activity and chronic musculoskeletal pain among community-dwelling Japanese adults. J Epidemiol 24: 474-83, 2014.
  7. Hamano T, Kamada M, Kitayuguchi J, Sundquist K, Sundquist J, Shiwaku K. Association of overweight and elevation with chronic knee and low back pain: a cross-sectional study. Int J Environ Res Public Health 11: 4417-26, 2014.
  8. Kamada M, Kitayuguchi J, Inoue S, Ishikawa Y, Nishiuchi H, Okada S, Harada K, Kamioka H, Shiwaku K. A community-wide campaign to promote physical activity in middle-aged and elderly people: a cluster randomized controlled trial. Int J Behav Nutr Phys Act. 10:44, 2013.
  9. Kamada M, Kitayuguchi J, Shiwaku K, Inoue S, Okada S, Mutoh Y. Differences in association of walking for recreation and for transport with maximum walking speed in an elderly Japanese community population. J Phys Act Health. 8(6):841 -847, 2010.
  10. Kamioka H, Okuizumi H, Okada S, Takahashi R, Handa S, Kitayuguchi J, Mutoh Y. Effectiveness of intervention for low back pain in female caregivers in nursing homes: a pilot trial based on multicenter randomization, Environ Health Prev Med, 16(2):97-105, 2011.
  11. 上岡洋晴, 岡田真平, 奥泉宏康, 半田秀一, 北湯口純, 鎌田真光.地方自治体の温泉保有状況と医療費・介護費との関連:総務省類型に基づく「都市Ⅲ-0」自治体について.日本温泉気候物理医学会誌 74(2):81-90, 2011.
  12. 上岡洋晴,奥泉宏康,岡田真平,渡邉真也,高橋亮輔,半田秀一,大塩琢也,本多卓也,森山翔子,北湯口純,鎌田真光,武藤芳照.女性介護者における腰痛の実態と関連要因に関する横断研究.東京農業大学農学集報,55(1):38-44, 2010.
  13. Kamioka H, Mutoh Y, Honda T, Okada S, Okuizumi H, Handa S, Kitayuguchi J, Kamada M, Hida A, Mori K, Kawano Y, Nagasawa N. Fall-prevention self-efficacy in relationship to high-density lipoprotein cholesterol and physical strength in elderly residents of a Japanese rural district: Kosuge cross-sectional study. Journal of Agriculture Science, 54(4): 283-291, 2010.
  14. Kamada M, Kitayuguchi J, Inoue S, Kamioka H, Mutoh Y, Shiwaku K. Environmental correlates of physical activity in driving and non-driving rural Japanese women. Prev Med. 49(6):490-496, 2009. 
  15. Kamioka H, Nakamura Y, Okada S, Kitayuguchi J, Kamada M, Honda T, Matsui Y, Mutoh Y. Effectiveness of comprehensive health education combining lifestyle education and hot spa bathing in male white-collar employees: 1-year follow-up in a randomized controlled trial. J Epidemiology 19 (5): 219-230. 2009. 
  16. Kamioka H, Okada S, Kitayuguchi J, Kamada M, Matsui Y, Takahashi M, Nakamura Y. A Cross-Sectional Study on the Present State of Spa Bathing and Health Condition in Male White-and Blue-Collar Employees, J Jpn Soc Balneol Climatol Phys Med, 70(3):143-154, 2007.

Brief report

なし

報告

  1. 空閑睦子,安部孝文,西川喜久子,森山緑.長期自然体験活動が小中学生の「生きる力」と地域住民に与える影響: 雲南市波多交流センター 「おなかいっぱいリフレッシュ」 について.島根県中山間地域研究センター研究報告,(10):47-55, 2014
  2. 安部孝文,西川喜久子,渡邉真也,崎山隆子.雲南市の幼稚園を対象とした家族・地域ぐるみの運動遊びプログラムの開発に関する実践報告.身体教育医学研究, 2014; 15 (1) :15-22
  3. 岡田真平,井上茂,鎌田真光,北湯口純,朴相俊,下光輝一.チェックリスト方式による身体活動環境評価の有用性―長野県東御市の行政職員による環境評価―.運動疫学研究,2011; 13(2): 137-145.
  4. 鎌田真光,西川喜久子,北湯口純,中島正人,岩田美登里.小学生を対象とした家族で行う転倒予防・健康づくり体操体験授業の取り組み,身体教育医学研究,9:23-30.2008
  5. 北湯口純,鎌田真光, 須藤晴紀, 曽田富代,土屋悦子,川津里奈.地域保健事業における水中運動を中心とする転倒予防の取り組みの効果分析,身体教育医学研究, 9:15-22, 2008.

資料

  1. 上岡洋晴, 本多卓也, 渡邉真也, 北湯口純, 鎌田真光: 高齢者の転倒予防プログラムとしてのレクリエーションの位置づけ-エビデンスの整理とその活用-. レジャー・レクリエーション研究, 62: 49-59, 2009.
    (Kamioka H, Honda T, Watanabe S, Kitayuguchi J, Kamada M. Orientation of recreation as fall-prevention program for the elderly –summary and utilization of evidence-. Journal of Leisure and Recreation Studies, 62: 49-59, 2009. [in Japanese])

紀要・特集等(査読あり)

  1. 佐藤久美子,上村博子,北湯口純,曽田富代,吾郷美奈恵.健康長寿な地域における壮年期の生活実態と保健活動,島根県立大学短期大学部出雲キャンパス研究紀要, 5:123−130,2011.

紀要・特集等(査読なし)

  1. 松田千歳, 北湯口純, 鎌田真光, 西川喜久子, 須藤晴紀, 竹下博昭. 中山間地域の島根県雲南市における地域巡回型転倒予防教室の取り組み, Osteoporosis Japan,16(3):544-545.2008

学会発表

  1. 安部孝文,鎌田真光,北湯口純,内尾祐司.中高校生の運動部におけるチームスポーツの部員数と運動器の疼痛の関係.日本発育発達学会第14回大会.2016.3.6, 神戸大学(兵庫).
  2. 北湯口純,鎌田真光,井上茂,上岡洋晴,安部孝文,岡田真平,武藤芳照.地域在住高齢者における腰痛・膝痛と転倒発生との関連: 3年間の前向きコホート研究.第8回日本運動器疼痛学会.2015.12.12,名古屋(愛知).
  3. 高橋典子,北湯口純,吾郷千歳.住民ボランティアによる運動普及活動時の転倒予防対策-ヒヤリ・ハット事例集作成の試み-.日本転倒予防学会第2回学術集会,2015.10.11,京都.(ポスター)
  4. 北湯口純,鎌田真光,井上茂,安部孝文,岡浩一朗,原丈貴.地域全体を対象とした5年間の身体活動促進のプロセス評価~RE-AIMモデルによるポピュレーション戦略の評価~.第18回日本運動疫学会,2015.6.21,愛知.(口頭)
  5. 安部孝文,鎌田真光,北湯口純,内尾祐司.中高校生におけるスポーツ活動時間と運動器の疼痛の量反応関係,第18回日本運動疫学会,2015.6.21,愛知.(口頭)
  6. 北湯口純.転倒予防のための運動介入の効果と課題-地域運動指導員の育成を通した地域社会への対応-.日本転倒予防学会, 2014.10.5, 東京.(口頭)
  7. 若林巧貴,下田哲広,野村悠.「つまらん」といったある男性(住民)との保健活動奮闘記!~住民が自ら動く仕掛けとは…!?~,健康学習学会,2014.8.23,埼玉.(口頭)
  8. Kamada M, Kitayuguchi J, Abe T, Inoue S, Harada K, Miyachi M. Effectiveness of Community-Wide Promotion of Physical Activity in Middle-Aged and Older Japanese: A 3-Year Evaluation of a Cluster Randomized Trial, The 5th International Congress on Physical Activity and Public Health(ICPAPH) , April 8-11 2014, Rio de Janeiro, Brazil.
  9. Kamada M, Kitayuguchi J, I-Min Lee, Imamura F, Inoue S, Miyachi M. Dose-Response Relationship of Physical Activity with Chronic Musculoskeletal Pain among Community-dwelling Japanese Adults, The 61th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, May 27 – 31 2014, Orlando, Florida
  10. 北湯口純, 鎌田真光, 安部孝文, 井上茂, 宮地元彦.身体活動促進のクラスター・ランダム化比較試験(2)-地域介入研究のプロセス評価-. 日本体力医学会, 2013.9.21, 東京.(口頭)
  11. 鎌田真光, 北湯口純, 安部孝文, 井上茂, 宮地元彦.身体活動促進のクラスター・ランダム化比較試験(1)-3年間の地域介入研究の効果-. 日本体力医学会, 2013.9.21, 東京.(口頭)
  12. 鎌田真光, 安部孝文, 北湯口純, 宮地元彦. 運動実施者を増やす地域介入のポピュレーション・インパクト評価‐クラスター・ランダム化比較試験‐. 日本体育学会会, 2013.8.28, 滋賀.(口頭)
  13. 若林巧貴,北湯口純,中山進.うん?何?運動キャンペーン!?.健康学習学会,2013.8.25,埼玉.(口頭)
  14. 鎌田真光, 北湯口純, 井上茂, 塩飽邦憲. 継続的な身体活動習慣は慢性膝痛の発症を予防するか?-前向きコホート研究-. 第23回日本疫学会, 2013.1.24-26, 大阪.(口頭)
  15. 安部孝文, 鎌田真光, 西川喜久子, 北湯口純. 島根県雲南市の幼児を対象とした1年間の身体活動促進の介入-クラスターランダム化比較試験-. 第15回運動疫学研究会学術集会, 2012.9.13, 岐阜.(口頭, 研究デザインの発表)
  16. Kamada M, Kitayuguchi J, Inoue S, Shiwaku K. Community-wide campaign using social marketing to promote physical activity in middle and old-aged people: a cluster randomized controlled trial, The 4th International Congress on Physical Activity and Public Health, Sydney, 10/31-11/3.2012. (Student Award)
  17. Kamada M, Kitayuguchi J, Inoue S, Ishikawa Y, Nishiuchi H, Okada S, Harada K, Kamioka H, Shiwaku K. Associations between awareness and stages of change in community-wide campaign to promote aerobic, flexibility, and muscle-strengthening activities in middle-aged and elderly people: Exploratory analyses of a cluster randomized controlled trial. The 139th APHA Annual Meeting, November 2, 2011. Washington, DC. 239779. (5163.0 Physical activity, community health and factors related to fitness) (oral)
  18. 鎌田真光, 北湯口純, 井上茂, 朴眩泰, 塩飽邦憲. 地域在住高齢者における座位時間と転倒の関係-1年間の前向きコホート研究-. 第8回転倒予防医学研究会, 2011.10.2, 東京.(口頭)
  19. 北湯口純, 鎌田真光, 塩飽邦憲, 内尾祐司, 濱野強. 腰痛と膝痛が高齢者の歩行速度低下に及ぼす影響-1年間の前向きコホート研究-. 第66回日本体力医学会, 2011.9.18, 下関.
  20. 鎌田真光, 北湯口純, 井上茂, 石川善樹, 西内啓, 塩飽邦憲. コミュニティ・ワイド・キャンペーンの身体活動促進効果-群無作為化比較試験による地域介入研究-. 第66回日本体力医学会, 2011.9.17, 下関.(口頭)
  21. 鎌田真光,北湯口純,井上茂,塩飽邦憲.身体活動の慢性膝痛に対する1次予防効果-1年間の前向きコホート研究-.第14回運動疫学研究会学術集会,2011.9.15,下関.(口頭)
  22. 鎌田真光, 北湯口純, 福間理恵.中高年者を対象として地域で運動を促進するキャンペーンの効果.第52回島根県保健福祉環境研究発表会, 2011.7.14. 松江.抄録集pp.53-54(誌上発表)
  23. 北湯口純,鎌田真光,福間理恵,見波静.高齢者の転倒状況と運動器の痛みに関する横断研究.第69回日本公衆衛生学会,2010.10.28. 東京.抄録集pp538.
  24. 福間理恵,北湯口純,鎌田真光,見波静.住民運動ボランティアによる日常会話内健康支援についての質的分析.第69回日本公衆衛生学会,2010.10.28. 東京.抄録集pp545.
  25. 岡田真平,井上茂,鎌田真光,北湯口純,下光輝一.行政職員による健康づくり(身体活動・運動)支援環境の地域内評価.第69回日本公衆衛生学会,2010.10.28. 東京.抄録集pp212.
  26. 上岡洋晴,奥泉宏康,半田秀一,岡田真平,北湯口純,鎌田真光,塩澤信良,津谷喜一郎.水中運動の非ランダム化比較試験のシステマティック・レビュー:エビデンスの包括整理と質評価.第75回日本温泉気候物理医学会,2010.6.4.栃木,抄録集p.48.
  27. 岡田真平,鎌田真光,北湯口純,江川賢一,上岡洋晴,澤井和彦,小松泰喜,武藤芳照.類似する小規模市の老人医療費、介護費の分布特性.第68回日本公衆衛生学会,2009.10.23. 奈良.抄録集pp279.
  28. 北湯口純,鎌田真光,福間理恵,見波静.運動器の自覚症状の地域差に関する生態学的研究.第68回日本公衆衛生学会,2009.10.23. 奈良.抄録集pp599.
  29. 福間理恵,北湯口純,鎌田真光,西川喜久子,見波静,須藤晴紀.島根県雲南市における地域運動指導員による転倒予防への取組み.転倒予防医学研究会第6回研究集会,2009.10.4.東京.抄録集 pp.82(転倒予防大賞実践部門選考委員長特別賞受賞, 団体受賞)
  30. 鎌田真光, 北湯口純, 岡田真平, 井上茂, 塩飽邦憲.身体活動量と運動施設の地理的分布の関係.第39回土木計画学研究発表会,No.213, 2009.6.13. 徳島.(口頭)
  31. 上岡洋晴、本多卓也、渡邉真也、北湯口純、鎌田真光.高齢者の転倒予防のための運動あそびについて.日本レジャー・レクリエーション学会第38回学会大会,2008.11.28-30.新潟,抄録集p.132.
  32. 北湯口純,鎌田真光,塩飽邦憲,上岡洋晴,岡田真平,武藤芳照.中高年女性における運動器の疼痛に関連する身体的・心理的要因.第67回日本公衆衛生学会,2008.11.7. 福岡.抄録集 pp.424.
  33. 北湯口純, 鎌田真光, 足立清子, 須藤晴紀. 通所型介護予防事業に参加する特定高齢者の転倒に関連する要因. 第5回転倒予防医学研究会, 2008.10.5. 東京. 抄録集 pp.95.
  34. 上岡洋晴, 本多卓也, 岡田真平, 北湯口純, 鎌田真光, 川野因, 日田安寿美. 地域在住の高齢者における転倒予防自己効力感と血液性状,体力との関連について:小菅横断研究. 第5回転倒予防医学研究会, 2008.10.5. 東京. 抄録集 pp.38.
  35. 鎌田真光, 北湯口純, 上岡洋晴, 岡田真平, 高橋亮輔, 武藤芳照. 中・高校生における運動器の疼痛と関連要因, 第63回日本体力医学会大会, 2008.9.20. 別府. 体力科学57(6): pp.796.(ポスター)
  36. 岡田真平, 上岡洋晴, 北湯口純, 鎌田真光, 小松泰喜, 武藤芳照. 8年間のコホート研究により示された高齢者の移動能力と要介護化との関係-「老化は脚から」のエビデンス構築を目指して-. 第11回運動疫学研究会学術集会, 2008.9.6. 広島. 抄録集 pp.19-20.
  37. 鎌田真光, 北湯口純, 井上茂, 森山昌幸, 河井徹. 地理情報システムによる集落の運動施設アクセス評価. 第49回島根県保健福祉環境研究発表会, 2008.7.14. 松江. 抄録集 pp.13-14.(誌上発表)
  38. 北湯口純, 鎌田真光, 吾郷千歳, 須藤晴紀, 西川喜久子, 竹下博昭. 介護予防教室の開催形態による参加者の移動能力の違い. 第49回島根県保健福祉環境研究発表会, 2008.7.14. 松江. 抄録集 pp.35-36.
  39. 津田広美,吾郷美奈恵,藤谷明子,大城等,北湯口純,鎌田真光.壮年期の生活習慣病予防と運動習慣の確立をねらいとした健康教室参加者の変化,第66回日本公衆衛生学会,2007.10.24.愛媛.抄録集pp254
  40. 北湯口純,鎌田真光,塩飽邦憲,上岡洋晴,岡田真平.中山間地域に在住する中高年者の運動器疼痛に関する因子の検討,第66回日本公衆衛生学会,2007.10.24.愛媛.抄録集pp428
  41. 西川喜久子,鎌田真光,北湯口純,中島正人,岩田美登里.小学生を対象とした家族で行う転倒予防・健康づくり体操体験授業の取り組み,転倒予防医学研究会第4回研究集会,2007.10.7.京都.抄録集 pp.58(転倒予防大賞実践部門奨励賞受賞)
  42. 松田千歳,北湯口純,鎌田真光,西川喜久子,須藤晴紀,竹下博昭.中山間地域の島根県雲南市における地域巡回型転倒予防教室の取り組み,転倒予防医学研究会第4回研究集会,2007.10.7.京都.抄録集 pp.65
  43. 北湯口純,曽田富代,土屋悦子,川津里奈,鎌田真光,須藤晴紀.水中運動プログラムを中心とする転倒予防教室の効果,転倒予防医学研究会第4回研究集会,2007.10.7.京都.抄録集 pp.73
  44. 鎌田真光, 北湯口純, 上岡洋晴. 身体活動量と住居周辺環境の関係-島根県雲南市在住中年女性を対象とした質問紙調査より-, 日本体育学会第58回大会, 2007.9.5. 神戸. 予稿集 pp.364.(口頭)
  45. 鎌田真光, 北湯口純, 井上茂, 森山昌幸, 竹下博昭. 活動的な生活習慣と自宅周辺環境の関係-GIS(地理情報システム)を用いた検討から-, 第48回島根県保健福祉環境研究発表会, 2007.8.1. 松江. 抄録集 pp.15-16.(口頭)
  46. 津田広美, 上村博子, 手銭久江, 曽田富代, 北湯口純, 鎌田真光, 大城等, 藤谷明子, 吾郷美奈恵. 運動習慣の確立をねらいとした健康教室参加者の自覚症状と運動意識の変化, 第48回島根県保健福祉環境研究発表会, 2007.8.1. 松江. 抄録集 pp.3-4.
  47. 北湯口純, 曽田富代, 川津里奈, 鎌田真光, 須藤晴紀. 地域高齢者における6ヶ月間の水中運動を中心とする運動実践が心身に及ぼす影響-雲南市転倒予防事業の効果検証-, 第48回島根県保健福祉環境研究発表会, 2007.8.1. 松江. 抄録集 pp.41-42.
  48. 須藤晴紀, 竹下博昭, 北湯口純, 鎌田真光, 西川喜久子, 松田千歳. 地域運動指導員との協働による介護予防の取り組み, 第48回島根県保健福祉環境研究発表会, 2007.8.1. 松江. 抄録集 pp.43-44.
  49. 北湯口純,鎌田真光,須藤晴紀,和泉ちひろ:「シルバー大学」における運動開始年齢の違いが移動能力の経年推移に及ぼす影響.転倒予防医学研究会第3回研究集会,東京,2006年10月(転倒予防大賞学術部門受賞)

 

研究助成

 

「中山間地域在住の幼児の運動習慣は長期に定着し、体力・運動能力の保持増進に寄与するか?」

  1. 笹川スポーツ財団:2016年度スポーツ研究助成

    研究期間:2016年-2017年 代表者:安部孝文 金額:100万円

「大規模地域介入による運動の促進は、地域全体の抑うつの改善につながるか?-クラスター・ランダム化比較試験-」

  1. 財団法人明治安田厚生事業団:第32回(2015年度)若手研究者のための健康科学研

    究助成研究期間:2015年-2016年 代表者:鎌田真光(共同研究者:北湯口純、安部孝文)金額:100万円

「ソーシャル・マーケティングに基づく身体活動促進による運動器疾患対策-地域介入研究-」

  1. 財団法人大同生命厚生事業団:地域保健福祉研究助成

    研究期間:2010年-2011年 代表者:北湯口純(共同研究者:鎌田真光)金額:30万円

「身体活動の運動器疾患に対する1次予防効果に関する研究-前向きコホート研究-」

  1. 財団法人明治安田厚生事業団:第27回(平成22年度)健康医科学研究助成

    研究期間:2010年-2011年代表者:鎌田真光(共同研究者:北湯口純)金額:100万円

 受賞

  1. evaluation北湯口純,鎌田真光,井上茂,安部孝文,岡浩一朗,原丈貴.地域全体を対象とした5年間の身体活動促進のプロセス評価~RE-AIMモデルによるポピュレーション戦略の評価~.第18回日本運動疫学会,2014.6.21,愛知.(最優秀発表賞)
  2. 安部孝文,鎌田真光,北湯口純,内尾祐司.中高校生におけるスポーツ活動時間と運動器の疼痛の量反応関係,第18回日本運動疫学会,2014.6.21,愛知.(優秀発表賞)
  3. Kamada M, Kitayuguchi J, Inoue S, Shiwaku K. Community-wide campaign using social marketing to promote physical activity in middle and old-aged people: a cluster randomized controlled trial, The 4th International Congress on Physical Activity and Public Health, Sydney, 10/31-11/3.2012. (Student Award)
  4. 身体教育医学研究所うんなん.子どもから大人まで、すべての人々の運動器が健康になるまちづくり(代表者 研究所長 藤井勤),平成24年度「運動器の10年」世界運動・普及啓発推進事業,2012.(運動器の10年・優秀賞) 
  5. 福間理恵,北湯口純,鎌田真光,西川喜久子,見波静,須藤晴紀.島根県雲南市における地域運動指導員による転倒予防への取組み.転倒予防医学研究会第6回研究集会,2009.10.4.東京.抄録集 pp.82(転倒予防大賞実践部門選考委員長特別賞受賞, 団体受賞)
  6. 西川喜久子,鎌田真光,北湯口純,中島正人,岩田美登里.小学生を対象とした家族で行う転倒予防・健康づくり体操体験授業の取り組み,転倒予防医学研究会第4回研究集会,2007.10.7.京都.抄録集 pp.58(転倒予防大賞実践部門奨励賞受賞, 団体受賞)
  7. 北湯口純、鎌田真光、須藤晴紀、和泉ちひろ:「シルバー大学」における運動開始年齢の違いが移動能力の経年推移に及ぼす影響.転倒予防医学研究会第3回研究集会,東京,2006年10月(転倒予防大賞学術部門受賞)
  8. 北湯口純,見波静,谷口有子,小西由里子,井上哲朗,酒井洋紀,増尾善久,八木理香,萩野アサ子,渡辺聡子,篠宮寛敬,鈴木暁夫.中高年者における6ヶ月間の運動介入プログラム終了1年後の体力と筋量との関係について.第18回日本トレーニング科学会大会,三重,2005.11.12-13.(第18回トレーニング科学会研究賞)

倫理審査委員会…委員名

 倫理審査委員会では、研究所が行う研究について、それぞれ専門の立場から審査を行います。

倫理審査委員一覧(平成27年10月5日現在)
(任期:平成27 年10月5日から平成29 年10月4日まで)

 

塩飽 邦憲(島根大学名誉教授、医学部特認教授)

大城 等(島根県保健環境科学研究所長)

太田 多美子(雲南市教育委員会教育委員長)

安井 修(阿用地区振興協議会事務局長)

山崎 正幸(雲南市議会教育民生常任委員長)

鈴宮 寛子(島根県雲南保健所長)

長谷川 和男(雲南市総務部長)

以上