【研究論文】地域の運動・スポーツ実施率を高めることは極めて困難。しかし、可能である。

  ー行動科学とマーケティングを活用した5年間の実証研究で「普及」の鍵が明らかにー

【プレスリリース】 概要とポイント  ハーバード大学公衆衛生大学院の鎌田真光(かまだ まさみつ)研究員(身体教育医学研究所うんなん客員研究員、笹川スポーツ財団海外特別研究員)と身体教育医学研究所うんなん(島根県雲南市立)

「いきいき運動川柳2016」募集

毎年たくさんの方にご応募いただいている身体教育医学研究所うんなんの「いきいき運動川柳」も 今年で5回目を迎えます。 川柳とは、俳句と同じ五・七・五の字数でユーモアやシャレ、社会的風刺をおりまぜながら、 対象や事柄を表す「